相場を知る

サポート転職してからの経理の給与価格とは

転職をサポートしてもらってから経理に就職した場合、気になるのが給与価格の相場です。 年収データなどでは、年齢に関係なく高い収入の方もいたり、同じ年代でも給料の格差が大きいことがわかっています。 会社の規模が小さくても、経理には高額な年収を支払う企業もあります。 例えば上場していない中小企業だと経理部長でも、CFOや管理本部長に相当する仕事も行っているので人材の質などで給与が変わってきます。 そのため、転職するときにもスキルさえあれば中小企業でも大幅な給料アップが望めます。 部長クラスだと、現在は平均で670万円ぐらいで、一般だと445万円ぐらいです。 サポートを受けて転職するときにも、どの企業でも通用するスキルを身に付けることが必須ですし、もしスキルがないまま軽い気持ちでしてしまうと、給料が上がるどころか逆にダウンも考えられるので充分に考える必要があります。

経理の転職をサポートしてもらってからの給料の金額や価格の傾向

経理への転職をサポートしてもらうときに気になるのが、給料の金額や価格の傾向です。 現在は、収入は安定していてほぼ横ばいとなっています。 ただ、状況としては楽観視できるものでなくて、管理職部門のリストラやアウトソース化の流れで月次、年次決算レベルの業務担当者数を削減する企業もあります。 ただ、経理自体は必要ですから求人自体は安定してあると考えられます。 サポートを受けて転職するときにも、スキルの経験があるかで年収が決まってきます。 例えば月次、年次決算レベルの経験なら同じ年収ぐらいになりますが、連結計算や原価管理、決算分析などの経験があることで年収が高い企業へ就職することも出来ます。 現時点で、あらゆるスキルを経験して身に付けておくことが成功につながります。